コート・デュ・ローヌが有名!ローヌのおすすめ自然派ワイン

ボルドーに次ぐ広さのワイン生産地ローヌの特徴

フランスきってのAOC、IGPの産地がローヌ地方です。
正確には、コート・デュ・ローヌ地方であり、高級ワインが多く造られている北部と、カジュアルながら品質の高いローヌらしいワインが造られているのが南部です。

有名品種はスパイスの香りが特徴的なフルボディの赤ワインを造るシラーですが、果実味溢れたグルナッシュなどがそれにブレンドされています。

白ワインは、アロマティックなヴィオニエをはじめ、ルーサンヌ、マルサンヌ、グルナッシュブランなどさまざまな品種が使用されます。
温暖な地域と豊かな土壌組成を持っている地方であり、赤ワインとロゼの生産が9割近くを占めています。

白ワインも多く造られていますが、多くが多種多様な品種をブレンドした、充実した果実味を主要したカジュアルワインです。
さて、そんなコート・デュ・ローヌですが、自然派ワインも比較的多く栽培されています。

自然派ワインが難しいとされている、個性的な香りが出てしまっていても、品種特性の果実味が強いことからそのバランスが良くなり、ほかにはないユニークな仕上がりとなります。

もちろん、繊細でエレガントなワインも近年は造られ始め、ローヌの自然派ワインの人気がますます高まってきています。
また、南部の方は地中海気候になってくるため、温暖かつ乾燥したブドウ栽培に適した土地です。

そのため、有機農法に適した土地であり、古くから自然派ワインを造っている生産者も多いのです。

ローヌのおすすめ自然派ワイン

ここからはローヌ地方の自然派ワインを紹介していきます。
ローヌは数多くのワインがあるため、なかなか自分で探すのは大変。
ぜひ、チェックしてみてください。

パリのワインショップでも人気「コート・デュ・ローヌ・テル・ド・ミストラル・ルージュ カーヴ・デステザルグ」

ローヌ地方の赤ワインというと、重厚感がありフルボディというイメージがあるでしょう。
しかし、その根幹を覆してしまうような、軽やかで飲み心地抜群な1本がローヌにあります。

それが、「コート・デュ・ローヌ・テル・ド・ミストラル・ルージュ カーヴ・デステザルグ」。
自然派生産者団体が造り出すワインであり、無ろ過・無清澄という、ブドウ本来の味わいに重きを置いたワインとなっています。

パリのワインショップでも人気が高く、すいすい飲めてしまうという良い意味でローヌらしからぬ、エレガントな1本になっています。

南仏に近い地域でリュット・レゾネで栽培されたブドウが使用されており、天然酵母、醸造時の亜硫酸無添加にこだわるなど、とにかくピュアな味わいを心掛けて造られたワイン。
ローヌ好きに飲んでほしい、新たな味わいの赤ワインです。

サクラアワードにて受賞「ヴァン・ド・ペイ・ド・メディテラネ・グルナッシュ・ルージュ ドメーヌ・ド・クリスティア」

「ヴァン・ド・ペイ・ド・メディテラネ・グルナッシュ・ルージュ ドメーヌ・ド・クリスティア」は、ローヌ地方のニュースターと謳われる、ドメーヌ・ド・クリスティア。

有機栽培を心掛けた、畑の個性を大切にしたワイン造りを行う、ロバート・パーカーJr.も絶賛する期待の生産者です。
充実しながらも、果実味溢れたローヌの特性を持っているこのワインは、「グランド・ハイアット」のグラスワインとしてオンリストされている実力派。

また、日本を代表する女性のソムリエ、ワイン関係者たちが本当に美味しいワインをブラインドで選ぶ、「サクラアワード」の2015年コンクールにおいて、ダブルゴールドの中から選ばれる最優秀賞「ダイヤモンドトロフィー」に選ばれた1本なのです。

この飲まずしてローヌの自然派ワインは語れない。
こういっても過言ではない、極上の赤ワインです。