「世界の自然派ワイン」カテゴリーアーカイブ

高品質の新世界ワイン!オーストラリアのおすすめ自然派ワイン

オーストラリアワインの特徴について

南半球のワイン産地の中でも、世界的に人気が高い産地がオーストラリアです。
果実味溢れ濃厚な赤ワインを生み出すシラーズを中心に、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニョン・ブランなど国際品種も多く手掛けられている、ワイン大国です。

オーストラリアは東西3,000km以上に渡ってワイン産地が点在しており、西マーガレット州では高級ワイン、中心部では大手ワイナリー、東部では新進気鋭のワイナリー、そしてヴィクトリア州などの最南部は冷涼なため、高品質なブルゴーニュ品種から生み出されるスパークリングワインなどが注目されています。

以前は前述したボリューミーなワインが多かったものの、近年ではエレがントで繊細なワイン造りが潮流となっています。

それらも関係してか、オーストラリアワインの輸出量も年々増加しており、 FTA(自由貿易協定)の効果から、ワイン・オーストラリアによると2017年のワイン輸出額は約2256億、輸出量は約8億万ℓということで、2004年以降大きな伸びを達成しています。

さて、そんな注目度が高まってきてるオーストラリアのワイン。
自然派ワインには特に力を入れています。
一部のマイクロワイナリーでは、自然派ワインに生産の重きを置いており、有機栽培の生産者団体などもあるほどです。

また、年に一度シドニーでは自然派ワインに特化したワインフェスティバルが開催されており、世界中のビオの造り手たちが集合するなど、国をあげて自然派ワインに注目が集まっているのです。
今、自然派ワインを最先端を楽しむのであれば、オーストラリアがおすすめなのではないでしょうか。

オーストラリアのおすすめ自然派ワイン

ここからは、オーストラリアの自然派ワインについて紹介していきます。
ぜひ、購入の参考にしてみてください。

注目の新世界ワイン「ツーアップ シラーズ カンガリーラ・ロード・ワイナリー」

オーストラリアは新世界ワインと言われていますが、だからこそまだまだ知られていない注目のワイナリーが山のように存在しています。
数あるオーストラリアワインの中でも、今注目すべきワイナリーが、カンガリーラ・ロード・ワイナリー。

多くのワイン評論家がお気に入りと太鼓判を押すワイナリーであり、マクラーレン・ヴェイルの土壌を素直に表現するピュアなワインを造ります。
さらに、自然派ワインの中で最も条件が厳しいビオディナミの導入を開始しており、その土地の味わいをナチュラルに表現しようと、日々努力を続けているのです。

今、大注目されているこの土地で生まれた「ツーアップ シラーズ カンガリーラ・ロード・ワイナリー」。
自然派ワインはもちろん、オーストラリアのシラーズが楽しみたい方はぜひ「ツーアップ シラーズ カンガリーラ・ロード・ワイナリー」をチェックしてみるべきでしょう。

サクラアワードにて受賞歴あり「シャルドネ カンガリーラ・ロード・ワイナリー」

ワイン関係者など、女性審査員のみがブラインドで本当に美味しいワインを決めるコンクール、サクラアワード。
自然派ワインに力を入れている有名ワイナリー「カンガリーラ・ロード・ワイナリー」の、「シャルドネ カンガリーラ・ロード・ワイナリー」は、そのサクラアワードにおいてゴールドを受賞しています。

ビオディナミを一部の畑に導入し、その土地のブドウの良さを最大限生かしたワインを造る、カンガリーラ・ロード・ワイナリー。

柑橘や白い花などの香り、フレッシュさを楽しめるほど良い酸、余韻はワイン初心者の方でもすいすい飲めてしまうほどのピュアさです。
美しい淡いイエローカラーの外観、シャルドネの葉のラベルデザインなど、見た目も素晴らしい1本となっています。

高品質の赤「テルツェット カンガリーラ・ロード・ワイナリー 」

ブラックカラーのボトルに、ブレンドされているブドウ品種の葉のデザインが特徴的な1本。
カンガリーラ・ロード・ワイナリーが生み出す、最高品質のワインのひとつが「テルツェット カンガリーラ・ロード・ワイナリー」です。

サンジョベーゼ、プリミティーヴォ、ネッビオーロという、イタリアで有名な品種を絶妙なバランスでブレンドし、ここまで繊細でエレガントな味わいに仕上げることができるのは、カンガリーラ・ロード・ワイナリー しかいません。

ブドウ研究者であるオーナーだからこそ、ブドウの個性を知り尽くした、まさに完璧と言える限定キュヴェです。
アメリカンオークとフレンチオークを巧みに使い分けており、その繊細さはまさに奇跡。
何度も飲みたい、極上ワインです。

日本のワイン輸入量第1位!

フランスワインといえば「ブルゴーニュ、アルザス、ロワール、ボルドー」

安くて美味しい!チリワインの特徴とおすすめ自然派ワイン

日本のワイン輸入量第1位のチリワインの特徴

近年、日本で大きく消費量を伸ばしているのがチリワイン。
国内輸入量はワイン大国フランスを抜いて、数年連続堂々の1位を獲得しており、チリワインあっての日本のワイン文化…と言っても過言ではない、そんな状況に直面しています。

この躍進の理由として、チリワインの輸入は1990年から本格的に始まっているのですが、2007年に発効されたEPA(日チリ経済連携協定)により、2国間における関税が一気に下がったことが要因とされています。

今後段階的に関税は下がり、近々関税が撤廃される予定です。
こういった理由から、安価ながら高品質なチリワインを、私たちは飲めているのです。

さて、チリはフィロキセラが入ってこなかったことから、接木無しの自根のブドウ樹が多く残っています。
さらに樹齢も古く、暑く乾燥した気候条件だからこそ、健全で品質の高いワインが生産されているのです。

近年チリでは南北ではなく、海川、内陸部、アンデス山脈側と、縦に切り取った生産区分の規定を制定させ、その多様性と品質区分を詳細にアピールしようという動きが見られています。
海川やアンデス山脈側の生産地はフンボルト海流の影響で冷涼であり、品質の高いワインが造られる土地として知られるようになってきました。

カベルネソーヴィニョン、ピノ・ノワール、ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、などの国際品種をはじめ、カルメネール、パイスなどの土着品種など、さまざまなブドウからワインが造られています。
その中でも赤ワインは7割以上を占めており、ボリューム感のあるワインとして人気です。

チリは冷涼な場所も多いですが、テロワールはブドウ栽培に向いているため、有機栽培を行う生産者が多くいます。
大手生産者も、自社畑のほとんどを有機栽培にするなど、厳しい栽培法でも健全なブドウが収穫できると注目されています。

赤ワイン・白ワイン問わず、品質の高い自然派ワインを見つけてみるのも、チリワインの楽しみのひとつです。

チリのおすすめ自然派ワイン

ここからは、チリでおすすめの自然派ワインをいくつか紹介します。

リュット・レゾネによる自然派「ピノ・ノワール・シングル・ヴィンヤード フィンカ・パタゴニア」

人工的な農薬を極限まで使用しない、リュット・レゾネ農法を取り入れて高品質なワインを造っているのが、フィンカ・パタゴニアのワインです。
作物に不向きな土地でありながら、ブドウ栽培には適した土地であり、冷涼な地域であることから、ブルゴーニュスタイルのエレガントなワインが生み出されています。

ピノ・ノワール・シングル・ヴィンヤード フィンカ・パタゴニア」は、特にこだわったブドウ栽培を行うシングル・ヴィンヤードシリーズの1本であり、良い意味合いでチリらしくない、洗練さとピュアさを包括した極上の味わいを楽しめます。
チリの多様性を知るためにも、必ずチェックしてほしい赤ワインです。

コスパ高のカベルネ「カベルネ・ソーヴィニョン・シングル・ヴィンヤード フィンカ・パタゴニア」

チリといえば、濃厚で重厚なカベルネソーヴィニョン。

しかし、「カベルネ・ソーヴィニョン・シングル・ヴィンヤード フィンカ・パタゴニア」は、前述した通り、冷涼なパタゴニアで造られているため、驚くほど洗練されておりエレガントな飲み心地です。
カシスやブラックベリー、プラムといった、品種特性は出ているのですが、清涼感があり、ボルドーのそれとはまた違った印象。

もちろん、コクと余韻の充実度も魅力的です。
徹底して管理されているリュット・レゾネの畑がもたらす、この土地特有のポテンシャルを包括している、驚くべき1本に仕上がっているのではないでしょうか。

バター・ナッツの風味が美味しい「シャルドネ・レゼルヴ フィンカ・パタゴニア」

自然派ワインとして、高い名声を誇る「フィンカ・パタゴニア」。
冷涼であるこの地で、同生産者はブルゴーニュ品種を育て、成功を収めています。

チリでは平均気温が高いため、糖度が上がり過ぎてしまい、過熟したシャルドネを使うことが問題となっていました。
さらに、そこに新樽を入れていたことから、ややしつこめの味わいになってしまうワインが多く生産されてしまっていたのです。

「シャルドネ・レゼルヴ フィンカ・パタゴニア」は、フレンチオークを使い、樽由来の成分をしっかりと果汁にうつしていますが、リュット・レゾネで栽培されたピュアなシャルドネを使用しているのでしつこくなく、完璧なバランスで仕上げられています。

まるでブルゴーニュのプルミエクリュを思わせるような、複雑性とバター、ナッツのようなニュアンスは、一度飲んだら忘れることができないクオリティです。

シャルドネ・レゼルヴ フィンカ・パタゴニア」。
これは、チリワインの常識を覆す、素晴らしい自然派ワインといっていいでしょう。

高品質の新世界ワイン!

フランスワインといえば「ブルゴーニュ、アルザス、ロワール、ボルドー」

世界第3位の生産国!スペインワインの特徴とおすすめ自然派ワイン

スペインワインの特徴について

フランス、イタリアに次いで、世界第3位のワイン生産量を誇る国がスペインです。

ブドウ栽培面積は世界で最も広く、白ワインが全生産量のほぼ半数を占めており、普段飲みしやすいワインが多く造られている、ワイン文化が古くから根付いたワイン生産国としても有名です。
リオハ、リベラ・デル・ドゥエロ、プリオラート、リアスバイシャスなどでは、世界レベルの高級ワインが造られているほか、南部ではシェリーなどの酒精強化ワインも造られています。

スペインといえば、シャンパーニュと同様の製造方法である、瓶内二次発酵のスパークリングワイン「CAVA」が有名であり、日本国内でも大人気です。
スペインは土着品種が多く、暑く乾燥した気候条件のため全土でブドウ栽培が行われています。

テンプラリーニョ、ベルデホ、ガルナッチャ、モナストレル、アイレン、アルヴァリーニョなど…。
ワインファン注目の品種たちで造られる赤・白・ロゼワインは、どれも極上のものばかり。

品質が高いものの、フランスに比べるとカジュアルな価格で手に入れることができるため、今世界中のワインジャーナリストたちからも、熱い視線を浴びている国のひとつです。

さて、前述した要にスペインは北西部の一部の地域を除き、全体的に暑く乾燥した気候が特徴です。
そのため、オーガニック栽培には比較的に向いており、数多くの生産者やブドウ農家が有機栽培でブドウを育てています。

しかし病害などの問題など、ブドウはデリケートですので、有機栽培は難しくまだまだ数とすれば少ないようです。
スペインの気候に合った、この地らしい味わいを求めるのであれば、まず自然派ワインから始めてみるのもアリかもしれません。

スペインのおすすめ自然派ワイン

スペインには、素晴らしい自然派ワインが多くありますが、その中でも特におすすめの3本をココで紹介します。

スペインNo.1醸造家の白ワイン「パソ・デ・アドス・ソーヴィニョン・ブラン ボデガス・アルスピデ」

スペインNO.1の醸造家と謳われている、注目のワイナリーが生み出す白ワインが、「パソ・デ・アドス・ソーヴィニョン・ブラン ボデガス・アルスピデ」です。
100年以上続く、生産者のディアス家のブドウは、長い間有機栽培を続けており、その伝統を今もなお受け継ぎ、高品質かつ健全なブドウを収穫しています。

「パソ・デ・アドス・ソーヴィニョン・ブラン ボデガス・アルスピデ」は、2008年に史上最年少でスペイン最優秀醸造家に選ばれたフェデリコ・ルセンド・ディアス氏が醸しており、自然派ならではのピュアな部分と高い醸造テクニックによく複雑性のある味わいに仕上げられています。

アロマ豊富な、スペインらしい情熱を感じられる1本となっています。

お買い得な自然派!「パソ・デ・アドス・メルロ ボデガス・アルスピデ」

オーガニックワインは、農薬を使わないからこそ、手間と経験が必要です。
醸造もデリケートに行わねばならず、手をかけて造られることから割高なアイテムが多いのが事実です。

しかし、「パソ・デ・アドス・メルロ ボデガス・アルスピデ」。
このワインは、徹底された有機農法で造られたブドウを使用しているにも関わらず、手に取りやすい価格で市販されている、まさに掘り出し物的な1本です。

醸造を手掛けるのは、若くして最優秀醸造家に選ばれた、フェデリコ・ルセンド・ディアス氏。

世界的に認められ権威あるオーガニック認証を得ている畑と、最優秀醸造家が手掛けた味わいを、この価格で楽しめるのはもはや奇跡。
ワインファンであれば、ぜひ手に取っていただきたいワインです。

低アルコールな甘口ワイン「ランド・デ・アルスピデ・ティント ボデガス・アルスピデ」

ワインというと辛口なイメージかもしれませんが、今甘口が大人気です。
もちろんただ甘ったるいだけではなく、本当に品質が良い甘口ワインは香りや酸、余韻、キレなど、全体のバランスがとても良く飲み飽きしません。

「ランド・デ・アルスピデ・ティント ボデガス・アルスピデ」は、まさにその典型例と言える、高品質な自然派甘口ワインのひとつと言えます。

古くから守られている畑の生命力を大切にしたブドウ栽培を行っており、なんと完全無農薬という難しい栽培法を採用。
複数のオーガニック認証の期間から認められており、その品質は確かです。

また、醸造に関しても酸化防止剤などは一切使っておらず、ブドウが本来持つピュアな味わいを素直に表現しています。

飲み心地が良く、甘さも相まってどんどん飲めてしまうので、常にストックしておきたい家飲みにぴったりな赤ワイン。
ぜひ、チェックしてみてください。

フランスワインといえば「ブルゴーニュ、アルザス、ロワール、ボルドー」

日本のワイン輸入量第1位!

高品質の新世界ワイン!

ワイン生産量は世界一!イタリアワインの特徴とおすすめ自然派ワイン

イタリアワインの特徴について

世界一ワインを生産している国と言えば?
そう聞かれた時、多くの方はフランスと答えてしまうかもしれません。

確かに、フランスも多くワインを生産していますが、イタリアはそれを上回る量のワインを製造しているのです。

O.I.V.によると、2015年度の国別のワイン生産量ではフランスを上回り1位。
フランスが多い時期もありましたが、近年はイタリアがフランスを抜く、世界最大量のワイン生産国として君臨するようになっているのです。

イタリアは、東にアドリア海、西にティレニア海がある半島。
観光地として有名なシチリア島やサルディーニャ島なども有する、深い歴史と食文化を持った国です。

イタリア全土でブドウ栽培が行われており、大きく北部と中部、南部とで特徴が分かれています。

北部はネッビオーロ種を使用した高級ワイン「バローロ」「バルバレスコ」などが有名で、シャンパーニュと同様の造られ方をしている瓶内二次発酵の「フランチャコルタ」、カジュアルな「プロセッコ」、アパッシメントされたブドウを使用した濃厚で甘みのある「アマローネ」など、高級ワイン産地として知られています。

中部はトスカーナ州を中心として、サンジョベーゼから造られる多種多様なスタイルの赤ワインが有名です。

南部は、温暖な気候を利用してさまざまな品種をブレンドしたワインが造られており、アリアニコ種から造られる濃厚な赤ワインは特に人気があります。

気候条件が良く、自然派ワインも数多く散見され、特に北部のフリウリの自然派ワインは世界的にも知られています。
全てが自然派、とまではいきませんが、自然派ワインを造る生産者は数多くいることは間違ないでしょう。

イタリアのおすすめ自然派ワイン

イタリアはワイン生産量1位の国であり、土着品種も数千種あると言わるワイン大国。
逆に言うと、どれを選べば分からない、という方が多くいるのが現状です。

 

ここでは、筆者おすすめのイタリアの自然派ワインをいくつか紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

自然派の赤キャンティ「キャンティ カンペルキ」

キャンティといえば、サンジョベーゼを主体としたブレンドワイン。
トスカーナ地方で最も有名なDOCですが、何とそんなキャンティにも自然派があるんです。

古くからブドウ栽培が行われていた地で、ブドウ造りに最適な土壌であることから一切人工的なものを加えない自然な状態でワインが仕上げられています。

自社畑は100%オーガニック栽培となっており、徹底した品質管理のもとブドウが育てられます。

また、高密植栽培を採用しているのでブドウがより高い品質となり、凝縮感のある果汁を手に入れることができます。
二度選果する徹底ぶり、細部まで一切手を抜かない品質に妥協が無い造り。

イタリアの自然派ワインにチャレンジするのであれが、まず「キャンティ カンペルキ」からはじめてみてください。

微発泡の辛口白ワイン「ロヴェーリ・フリッツァンテ ラ・ジュスティニアーナ」

辛口の白で有名なガヴィにおいて、自然派を貫き通しそのスタイルから生まれたワインが絶賛されているのが、「ロヴェーリ・フリッツァンテ ラ・ジュスティニアーナ」です。

今、名声の高いホテルやレストランが自然派ワインに注目しているのですが、「ロヴェーリ・フリッツァンテ ラ・ジュスティニアーナ」はホテルフォーシーズンズミラノが特注したり、ブルガリでもオンリストされているというのだから驚きでしょう。

1000年の歴史を持つワイナリーであり、ガヴィに使われるコルテッセ種のために40haの自社畑を使い、自然な栽培でブドウが育てられています。
ワイン業界では知らぬ者はいないドナート・ラナティ氏をコンサルタントに迎え、土地を表現するようなピュアな味わいのワインを造り続けているのです。

柑橘とはちみつのような甘いアロマ、微発泡製の心地よい口当たりと飲み口。
さまざまな食事と合わせやすい、フードフレンドリーなアイテムです。

ビオロジック栽培の白ワイン「グリッロ フェウド・モントーニ」

その土地の味わいを最大限生かしたい、という思いから生まれたビオロジック農法で栽培されたブドウを使用。

洗練された、透明感のある飲み心地がもう1杯、いやもう2杯…と杯をすすめてしまう、ワインファン注目の1本が「グリッロ フェウド・モントーニ」です。

シチリアの土着品種を使用しており、あのロバート・パーカーjr.も大絶賛したということで一躍話題に。
粘土、砂質土壌の畑にある樹齢40年を超えるブドウ樹から収穫されたブドウを使用。

ビオロジックだからこそ、この地の持つポテンシャルがワイン中にしっかりと溶け込んでおり、飲んだ瞬間にシチリアの海が目の前に写るような錯覚すら覚える旨さです。
イタリアの自然派を楽しんでみたい、という方にはぜひ飲んでほしい1本ですね。

日本のワイン輸入量第1位!

高品質の新世界ワイン!

フランスワインといえば「ブルゴーニュ、アルザス、ロワール、ボルドー」