「フランスの自然派ワイン」カテゴリーアーカイブ

生産の約9割が白ワイン!アルザスの特徴とおすすめ自然派ワイン

生産の約9割が白ワインのアルザス

日本人にも飲みやすく、人気が高い白ワインを多く生産しているアルザス地方。
同国北東部に位置するこの地方は、ドイツと国境をなしており、リースニングやゲヴュルツト・ラミネールなどが栽培されています。

ピノ・ノワールで造られている赤ワインやロゼもありますが、スパークリングワインを含めた白ワインの生産量が約9割ということで、ほぼ生産されているのは白ワインと言っても過言ではないでしょう。
シャープな辛口ワインだけでなく、甘口ワインが多く造られており、貴腐ブドウなどから造られる高級甘口ワインは世界中のワインファンの舌を喜ばせています。

アルザスは、冷涼な地域であることから有機栽培が難しいとされていますが、多くの生産者がビオディナミやビオロジック、リュット・レゾネに畑を転換してはじめており、オーガニック系のワインも数多く見受けられるようになりました。

フレッシュでありながら、酸がいきいきした飲み心地の良いワインとなり、和食にもぴったりです。
アルザスらしいフレッシュで飲み心地の良い自然派白ワインは、一度飲むとリピートしたくなるクセになるものばかりです。

アルザスのおすすめ自然派ワイン


└画像参照元:https://4travel.jp/travelogue/10707664

「アルザスの自然派ワインを知りたい」という方であっても、なかなか知る機会が無いという方もいるでしょう。
ここからは、手軽に購入することができるアルザスの自然派ワインを紹介していきます。

リュット・レゾネによる栽培!「ピノノワール ビオ カーヴ・ド・リボヴィレ」

アルザスは、白ワインが多く造られているのですが、前述した通り赤ワインも造られています。
ブルゴーニュに近い産地であることか、黒ブドウ品種は『ピノ・ノワール』が多く栽培されています。

そんなピノ・ノワールは、繊細な品種であり、病害に冒されやすいため有機農法が大変難しいとされています。
しかしロワールの地を知り尽くし、自社畑のほとんどをリュット・レゾネに転換しピノ・ノワールを栽培する有名生産者がいます。

それが、カーヴ・ド・リボヴィレ。
「ピノノワール ビオ カーヴ・ド・リボヴィレ」は、ピュアで繊細なピノ・ノワールの特徴をエレガントに表現しており、アルザスという土地がもたらす旨さを100%実現させた名品中の名品です。

タンニンはやわらかく、すっと水のように体の隅々まで行き届くようなその味わいは、一度飲んだら忘れることのできないピュアさです。
「ピノノワール ビオ カーヴ・ド・リボヴィレ」を飲めば、ロワールの赤ワインの神髄を知ることができるでしょう。

注目の自然派生産者のワイン「ゲヴュルツトラミネール・ビオ カーヴ・ド・リボヴィレ」

ロワールきっての自然派ワインの名生産者、カーヴ・ド・リボヴィレ。
自社畑のほとんどがリュット・レゾネ、一部が完全オーガニックという、こだわりを持った生産者です。
同生産者が生み出す数あるワインの中でも、特に注目すべき1本が、「ゲヴュルツトラミネール・ビオ カーヴ・ド・リボヴィレ」。

ドイツ語でスパイスという意味を持っているゲヴュルツですが、有機栽培で育てられることで、白こしょうのようなスパイシーな個性がより際立つようになります。
とはいえ、甘くライチを思わせる香りや風味を持った品種であり、それらもピュアに酒質にあらわれるため、複雑性のある飲み応えのある1本に仕上がっているのです。

香り高いアロマティックなワインでありながら、引き締まった酸、充実した果実味があるため、エスニックな料理にも合いやすくフードフレンドリー。
一度飲んでほしい、本物の自然派ワインです。

人気が高い自然派ワイン!ロワールのおすすめ自然派ワイン

白ワイン生産量はフランス一位のロワール

フランス随一の白ワイン産地が、ロワール。
フランス北部の多くをこの地が占めており、AOC産地としてはフランス第3位の規模を誇ります。

全長1000kmのロワール川流域にブドウ畑が点在しており、赤・白・ロゼ、スパークリングワインなど、さまざまなワインが造られています。

中でも、白ワインはその半数以上を占めており、フランスでも最も白ワインが造られている産地として知られています。
さて、そんなロワール。

自然派ワインの大産地であることでも知られています。
ビオディナミはもちろん、リュット・レゾネ、ビオロジックなど、有機栽培を行っている生産者が多いのも特徴です。

赤ワインはカベルネ・フランなどを特徴とした、エレガントな味わいのワイン。
ガメイ、ピノ・ノワールなども栽培されており、ロゼなども多く造られます。

白ワインはフレッシュな若飲みワイン、中甘口、甘口、スパークリングワインなど、多種多様なラインナップ。

冷涼な気候であるため本来ビオロジックは難しいとされているのですが、長年それらを手掛けてきた栽培者が多くおり、文化として広がってる側面も持っています。
ちなみに、白ワインのブドウ品種はミュスカデやソーヴィニョン・ブラン、シュナン・ブラン、シャルドネなどが主に栽培されています。

ロワールのおすすめ自然派ワイン


└画像参照元:https://fishand.tips/column/c_france/loire_chateau/

ロワールのワインを楽しむのであれば、ぜひ自然派ワインを楽しんほしいところ。
ここからが、おすすめのロワール自然派ワインを紹介していきましょう。

辛口のシャルドネ「シャルドネ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール」

シャルドネというと、ブルゴーニュ地方のどっしりとした、ナッツのニュアンスがあるようなフルボディタイプのものをイメージされる方が多いでしょう。
しかし、ロワールのロラン・ペロー氏が造るシャルドネは、まるでミュスカデのようなフレッシュで爽やかで飲み飽きしない“日本人が喜ぶ”味わいに仕上げられています。

農薬を極力使用しないリュット・レゾネ農法を採用しており、「テラ・ヴィティス」という環境に配慮したブドウ栽培方法を保障するものです。

ロラン・ペロー氏の生み出すシャルドネ、「シャルドネ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール」は輝く黄金色、フレッシュでライムのような柑橘系の香り、爽やかな酸、ピュアな酒質が特徴。毎日飲みたい、極上シャルドネです。

ピノ100%のロゼワイン「ピノ・ノワール・ロゼ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール」

ロワールは、冷涼な地域ということもあり、繊細で軽やかなピノ・ノワールのワインが多く造られています。
赤ワインとして製造されることも多いですが、ピノのロゼとして品質が高いものも多く登場しています。

さて、そんなロワールの自然派ロゼの中でも、特にクオリティが高いと話題なのが、「ピノ・ノワール・ロゼ ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエール」。

目にも鮮やかなサーモンピンク色の外観で、スタイリッシュなボトルデザイン。
食卓に華を添える美しい香りが特徴的な1本です。

有名ワイン雑誌にもコメント付で紹介されたり、名誉ある数々のワインコンクリールで賞を受賞している経験も魅力的です。

リュット・レゾネ農法により造られる、ドメーヌ・ド・ラ・ヴァンソニエールのピノ・ノワールは、とにかく繊細さがポイント。
良い部分だけを抽出しているロゼワインだからこそ、軽やかな果実の香りが心を踊らせます。

しっかりと冷やして飲んで楽しむことができる、フードフレンドリーな辛口ロゼワインとなっています。

減農薬で造られる白ワイン「ソーミュール・ブラン ドメーヌ・デ・オ・ド・サンズィエ」

ロワールの中でも、自然派ワインが多いソーミュール。
「ソーミュール・ブラン ドメーヌ・デ・オ・ド・サンズィエ」は、なんとシャンパーニュと同様の瓶内二次発酵で造られている、オーガニックスパークリングワインとして話題になっています。

熟成はなんと36ヶ月という、シャンパーニュのミレジムレベルのハイクオリティ。

シャンパーニュ以外で瓶内二次発酵にて造られるスパークリングワインは、フランスの場合は「クレマン」と呼ばれていますが、価格がカジュアルでありながらその味わいは比肩するということで、ワインマニアが教えたくない、掘り出しカテゴリでもあります。

「ソーミュール・ブラン ドメーヌ・デ・オ・ド・サンズィエ」は、リュット・レゾネ農法で造られているブドウを使用しており、ピュアでロワールらしいバランスの取れた味わいのワインに仕上げられています。

もちろん、「世界的な認証機関ヴューロー・ヴェリタス」の認証も受けているため、安全性は確かなもの。
大げさからもしれませんが、本家シャンパーニュを凌駕してしまうような、そんな品質の高さに誰もが惚れ込むことでしょう。

フランスワインと言えばココ!ブルゴーニュのおすすめ自然派ワイン

「ワインの王」ブルゴーニュワインの特徴


└画像参照元:https://kaminoshizuku.jp/blog/172

世界中のワインファンが注目する、世界最高峰のワイン産地「ブルゴーニュ」。

「ワインの王」と謳われているこのブルゴーニュの地では、今多くの生産者が有機栽培に力を入れています。
ブルゴーニュの特徴は、ピノ・ノワールとシャルドネを主軸に、ほぼ単一品種で造られているところです。

さらに、クリマと呼ばれている栽培区分が細かく定められており、どの生産者も複雑な土壌組成を生かした「ピュア」なワイン造りを心掛けています。

ブルゴーニュワイン委員会のサイトでも紹介されているように、ブルゴーニュといえばロマネ・コンティですが、DRC社が手掛けるこのワインで造られるブドウは、全てビオディナミ。
シャブリ・グランクリュ、モンラッシェなど、数多くの名立たるトップワイン産地で有機栽培が手掛けられているという、大変珍しいワイン産地なのです。

それもそのはず、「ブドウの出自」がワインの価値を決めているといっても過言ではないブルゴーニュ。
だからこそ、有機栽培など土地がもたらす味わいを追求するため、こういった農法が支持されるのも当然の話なのです。

もちろん、レジョナルやコミュナル、生産者のスタイルによっては一般的な造りのワインは多く、全体的に見れば自然派ワインの比率はまだまだ少ない状況です。
それでも、品質が高く世界的に評価されているワインが自然派ワインである事実は変わりません。

ブルゴーニュのおすすめ自然派ワイン


└画像参照元:https://travelzaurus.com/france_burgundy/

ブルゴーニュには、さまざまな自然派ワインがありますが、「どこでどんなワインを購入すれば良いか分からない」という方も少なくはないでしょう。

ワインショップに訪れて探したり、通販サイトで探したりするのは良いと思いますが、なかなか知識が少ない初心者だとどの生産者を選べば良いか分からないと思います。
ここからは、筆者がおすすめするブルゴーニュ地方の自然派ワインをいくつか紹介します。
ぜひ、参考にしてみてください。

ブルゴーニュのビオディナミ第一人者が生産「ボーヌ・ルージュ “レ・プレヴォル”」

レ・プレヴォル」は、輸出量がわずか25%しか無いというと、希少価値の高い自然派ワインのひとつです。
フランスで人気が高く、ほとんど自国で消費されてしまうため、ほとんど国外のワインファンが口にすることはありませんでした。

しかし、日本にも僅かながら輸出されており、まさにブルゴーニュの自然派ワインの先駆者の貴重な味を手軽に味わうことができるようになったのです。

ドメーヌ・ジャン・クロード・ラトー」がなぜ、ここまで注目されているのか、というとブルゴーニュでもっとも早く自然派栽培を実践した人物として知られているからです。

まだまだブルゴーニュのワインが、農薬を多く使ったり、亜硫酸を使ったりと、平板なワインを多く造っていた頃の1979年。

なんとこの年にビオディナミ栽培をスタートさせており、周囲には理解されずとも、そのスタイルを貫き成功を収めました。
ブルゴーニュという、神に与えられた恵みを最大限生かした素晴らしいワイン。
ナチュラルでピュアな味わい。
一度飲んだら忘れられない1本でしょう。

自然派の巨匠が生み出すワイン「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」

レジョナルのアペラシオンである、ブルゴーニュ・ピノ・ノワール。
ブルゴーニュ地方で造られている赤ワインのAOCなのですが、さまざまなスタイルがあり、気軽に楽しめる軽快でフレッシュなワインが多く見受けられます。

その中にも自然派ワインも多く存在しており、人気の生産者は品切れするほどの人気です。

やはり注目したいのが、「ドメーヌ・ジャン・クロード・ラトー」。
前述した通り、この元祖ビオディナミが作り出す名作ワインは「ブルゴーニュ・ピノ・ノワール」であっても品質の高さはトップクオリティと言えます。

ナチュラルでピュア、そして命の水を思わせるような体に染み込む充実した果実味。
全てが完璧なバランスで整えられた1本でしょう。

高価な自然派ワイン「シャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ」

自然派ワインが多く存在している、超高級ワイン産地が、ジュヴレ・シャンべルタンです。
9つのグラン・クリュが存在するこの産地ですが、特に話題になるのが「シャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ」。

その中でも、さまざまな国を渡り歩き、最高のワインを生み出す伝説のドメーヌ、「パスカル・マルシャン」の造る自然派ワインの「シャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ」は逸品です。
ビオディナミを実践するブドウ栽培者と共に高品質なブドウ造りを行い、マイクロネゴシアンという独特なスタイルを貫いて、樽それぞれの個性に合わせて極上のワインがボトリングされています。

「シャルム・シャンベルタン・グラン・クリュ」の味わいを知るのであれば、まず「パスカル・マルシャン」から始めてみるのもよいでしょう。

「ワインの女王」通販で買えるボルドーのおすすめ自然派ワイン

「ワインの女王」ボルドーワインの特徴

ボルドーワインといえば、五大シャトーやポムロールの王さま「シャトー・ペトリュス」、ソーテルヌの「シャトー・ディケム」が世界的に有名です。

ボルドーワインの大きな特徴は、ブレンド。
赤ワインはカベルネ・ソーヴィニョンとメルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド、白ワインはソーヴィニョン・ブランとセミヨンを中心にブレンドされており、各シャトーのこだわり、作柄によってその比率が変わります。

味わいは赤ワインは重厚感とまろやか、緊張感のあるタンニンが特徴で、白ワインはフレッシュな早飲みタイプ、甘口タイプがあります。

さて、そんなボルドーですが、比較的自然派ワインは少ない傾向にあります。
自然派ワインに使用されてるブドウは、有機栽培などが採用されていないといけません。

ボルドーは長期熟成タイプのワインが多く、比較的亜硫酸などを多く使用する傾向があり、さらにできるだけ健全なブドウを収穫しなければいけけません。
(健全なブドウで無いとワインが上手に熟成されないため)

また、ビオディナミ農法に造りを変換するには時間もかかり、失敗の可能性も高いため経営にも影響してきてしまいます。
それでも、大規模生産者の一部や小さな生産者は一部の畑でビオロジックやビオディナミを採用しだしており、徐々に自然派ワインの比率も上がってきました。

今、自然派ワインで造られるボルドーも注目すべきでしょう。

通販で買えるボルドーの自然派ワイン

ボルドーの自然派ワインを購入するためには、ワインショップなどに行く必要がありますが、面倒という方もいるでしょう。

さらに通販で購入しようと思っても、どれがボルドーの自然派ワインか分からない、という方もいるはずです。
そんな方のために通販で手軽に購入することができる、ボルドーの自然派ワインを紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

お買い得な自然派ワイン「ノ・ラシーヌ」

ノ・ラシー」は、ボルドーでは珍しいオーガニックワインのひとつです。
アントル・ドゥー・メールという、ボルドー地方の中では爽やかな白ワインが造られる産地にあるワイナリーですが、そこのリオネル・レイモンという男性が思い切った判断に出ます。

伝統的なボルドーの農法を受け継いでワイン造りをしていたのですが、130haの畑をまるまる有機栽培に変換させたのです。

高品質な自然派ワインを少しでも多くの人たちに伝えたい、という思いから価格も大変カジュアルなもので提供。
環境問題にも取組み始め、今ボルドーでもっとも注目されている自然派ワインの造り手とされています。

ボルドーのビオを飲みたいのであれば、まずここから始めるというのが良いのではないでしょうか。

「?」が特徴的なボトルのワイン「ル・サン・ノム」

ボルドーワインのラベルといえば、立派なシャトーの絵柄が描かれている、というイメージがあるでしょう。

しかし、ボルドーの自然派ワインでも特に人気が高い「ル・サン・ノム」のワインのボトルデザインは、まさかの「?」マーク。
これは、ボルドーではあり得ないであり、全く新しいワインであることを示しているマークと捉えられます。

その理由のひとつは、スタイルこのワイナリーの当主であるフェラン氏は、なんとボルドーワインでありながら、亜硫酸塩などの酸化防止剤を一切使用せずにワイン造りを行っていること。
さらにカベルネ・ソーヴィニョンに特化しており、あのボルドーの重厚感ある味わいとは一線を画す、まさにエレガントでピュアな味わいに仕上げられているという部分です。

「ル・サン・ノム」に使用されているブドウは、ビオディナミの認証である「デメテル」、また「アグリカルチャー・ビオロジック」の二つの認証を獲得しています。
ボルドーの新たな革命児として、これからも話題となるであろうワイン。
今、飲んでおくべき1本でしょう。

漫画「神の雫」にも登場「プピーユ」


画像参照元:https://wsommelier.com/item/6391.html

ワインファンたちに強烈な影響を与えた漫画といえば、漫画「神の雫」でしょう。
ここに登場したワインは、日本中で話題となり、売り切れ続出してしまいます。

そんな漫画「神の雫」には、ボルドーの伝説的な自然派ワインが登場しています。
それが、「プピーユ」です。

コート・ド・カスティヨンという、知名度が低いアペラシオンだからこそ、大きなチャレンジに賭け、それで成功を収めた「プピーユ」。
1790年にサンテミリオンでワイン造りをはじめたカリーユ家で、現当主のフィリップさまざまな国で醸造技術を学び、本物のワインを造ることに尽力し続けています。

「高品質なワインを生み出すためには栽培は自然でなければならない」
こう語る彼の信念に基づき、畑は全て有機栽培に転換させており、ブドウもピュアで健全な状態で収穫されています。

メルロー100%という珍しいスタイルであり、18ヶ月以上の樽熟成。
濃厚過ぎず、洗練された透明感のある味わいがボルドーファンのときめく心を揺さぶり続けています。